本文へスキップ

独立サポートセンターは、創業・独立を支援します

シリーズインタビュー「独立・開業の真相究明!実践者の言葉」NEWS&FAQ

ムーンライト株式会社 代表者 地井 悦子さん                

今回の実践者は、ムーンライト株式会社 代表者の地井 悦子さんです。
地井さんは、クラフトビール醸造の専門家であり、またクラフトビールレストランの経営者です。
2009年に川崎市で開業以来、独自のこだわりと斬新なアイデアで醸造した、クラフトビールを販売しています。同時に開業したクラフトビールレストラン「クラフトビア・ムーンライト」には、地元の主婦に学生、さらに近くに住むサラリーマンまで幅広く集まります。
「クラフトビア・ムーンライト」は、クラフトビールのコンサルタント(JMA−日本マイクロブルーワーズ協会)の会員となり、コンサルティングを受けることで、最低コストでビール造りができ、旨いビールを適正価格で販売しています。
今回、独立成功のカギになる話などを、お聞きしました。
ーまず、独立の経緯と決断のきっかけをお伺いしたいのですが?

 元々、ビールに関わる仕事をしていました。働いていた会社では、クラフトビールのコンサルタントとなり、またクラフトビールを実際に作ることで、醸造の知識を得ることができました。このクラフトビールとの出会いが、独立につながったと言えます。
 クラフトビールは、さまざまな形で多様な商品を造れます。私は、このクラフトビールにひと言で言えば「惚れた」のです。クラフトビールレストランの「レストラン」という飲食店経営の部分に関しては、不安がありました。しかし、クラフトビール造りには絶対の自信があったので、独立してもやっていけると決断しました。
ー熱い思いが込められた「クラフトビール」そのものへの、言い方を変えると愛情がすべての始まりなんですね。

 そうです。先ほど申し上げた通りで、クラフトビールには多様な可能性が存在します。これは機械で造るものとは、ある意味において徹底的に違います。自分の目で、自分の手で、要するに自分の体を使って造ると言っても良いと思います。大手ビールメーカーにはできない、人間が体を使って造る、職人の視線が大切なんです。
 また、クラフトビールは、女性でもできます。はっきり申し上げて、女性一人でも醸造でき、販売まで行うことができます、私も女性の一人として、この点には大きな魅力と将来性を感じています。
ー少しクラフトビールから離れて、独立・開業といったところでお伺いしたいのですが、開業時、また開業後にご苦労された点はいかがですか?

 開業時の販売、来店に関しては、ほとんど口コミで広がりました。開業当初の段階から、ある程度、お客様が来られました。こうしたことから、販売促進活動に全くお金をかけずに済んだ、という意味では、集客の苦労は少なかったかもしれません。しかし、来店したお客様が懸命に支えてくれたというところが一番大きい。私がやるべきことは、お客様のために一生懸命に仕事をすることと考え、実行しました。すると、開業から時間が過ぎていくにつれて、「お客の入りはどうか」と心配してくださるなど、本気で支えてくれるお客様が増えていきました。
 ただ、資金調達の面に関しては、あまり無理なく制度融資が受けられたので、この点では苦労はなかったと言えます。
ー開業前は資金調達で苦しみ、開業直後は顧客獲得に苦しむのが一般的というか、多いのですが「お客様に支えられた」というのは本当に素晴らしい。

 「正直」、という面で、一生懸命でした。人並み以上に、本気で取り組み、努力したつもりです。「何はともあれ、正直にビールを造る」「お客様を大切にする」が、今につながっていると思います。ただ、最近は、人を使うといった面で悩みがあります。「叱る」「強く言う」というのが苦手なんです。
―現在のビール造りの状況についてお聞きしたいと思います。当初の予定、考えていた状態との違いなども含めてお願いします。

 売り上げは、1年目から予定通り達成し、その後も順調です。また、ビール造りに関しては、地域の方々のおかげもあり、いろいろな素材を活用して多種多様なクラフトビールを造ることができています。販売に関しても、定番のビン詰めビール、個人専用のペットボトルをお持ちいただいての販売も順調です。また先日は、まったく知らないホテルから連絡があり、「うち専用の結婚式用のビールを造ってほしい」といった依頼もありました。
ークラフトビールレストランはどうですか?

 こちらも順調です。近くに新しい場所を確保して、席数を増やす予定です。
ただし、人の面では先ほども言いましたが、ちょっと苦労しています。うちの店に合った人材が欲しいところです。
ーここまでお話を伺っていると、人のことでは少々しんどさがあるようですが、これほど大きな障害にぶつからずに一本調子に、独立・開業がスムーズにいくのは珍しいと思います。カギは、いったい何だったんでしょう。

 やはり「正直」にです。それと「覚悟」。絶対にやるんだという覚悟が重要ではないでしょうか。生半可な気持ちでは「ダメ」。そして、やっていることを好きになること。私はクラフトビールが大好きです。好きで正直に造れば、必ず良い商品ができます。
ー最後に、独立・開業を目指す方へのひと言、お願いします。

 
私は、独立したときに「石の上にも3年」と言われました。今も言ったように、覚悟して3年は我慢と思い、今までやってきました。そして、バカと言われるくらいに「正直」に仕事をしました。地道に、目先の儲けにこだわらずに「正直」に仕事をやることが大切ではないでしょうか。私などが偉そうなことを言える立場ではないのですが、是非、これから独立を目指す方には「正直」を基本に頑張って欲しいと思います。
      
(聞き手 新居 智臣)
      
      

バナースペース